歯を強く育てる矯正治療

「矯正治療中の歯磨きが心配」という声をよく聞きます。治療後のためにも、治療中は歯磨き指導が大切です。治療は月に1~2回の来院なので、虫歯や歯槽膿漏(しそうのうろう)に強い歯と口を育てる良い機会です。来院ごとに良くなる歯並びにあわせて歯磨き指導を受けていただきます。その後、専門のスタッフがPMTCという手段を用います。PMTCとは、歯磨きを全て患者さん本人にお任せするのではなく、私たちスタッフから積極的に虫歯にならないように管理していくというもので、専用の機械を使い、歯1本1本の清掃・消毒・フッ素塗布を行い、歯石を取り、歯本来の美しさと艶を再現し歯をガードするというものです。それが、歯垢や歯石の再付着防止・口臭予防にもなります。
 来院する度にPMTCを行うことで、強い歯を育てていきます。歯は健康な歯茎でこそ動きが早く、治療期間も短縮できるからです。

 歯磨きの不備や歯槽膿漏(しそうのうろう)に悩む方には、その調整のためだけに来院していただくこともあります。しかし通常、矯正治療後は年1回の定期検診になり、その時は自分にあったブラッシングが覚えられているので、自分で自分のお口が管理できるようになっています。

コメントをどうぞ