栄養指導について

当院では心身の健康につながる「噛み合わせ」と「口元(顔貌)の改善」を目指しております。
 治療期間を短縮する(歯がすばやく動く)には、まず適切な診断に基づく正しい治療方法の選択が挙げられますが、それと同時に歯と歯茎が健康であることが大切になります。虫歯や歯肉炎の歯茎では動きが鈍いのです。そのためにはお口の中を清掃、消毒、ガードするのと平行して、全身の健康を管理する栄養指導が重要になるのはお分かりのことと思います。(医食同源ということです)
 お口の中の管理として具体的に行っているのが、前コラム「▼ 歯科矯正治療の開始時期」でご紹介したPMTCという術式です。当院では口腔内の健康を維持するため「予防歯科」に数年前から力を入れてきました。
 お口の中を健康に保つ事ができれば、身体の健康維持にもつながってきます。逆に言えば身体が健康でなければ、お口の健康も保つ事はできません。また、せっかくおこなっているPMTCの効果を持続させるためには、心身共の健康管理の必要性も感じていました。その結果、食物の栄養面からのアシストも必要という考えに至ったのです。当院での治療が終わった後も、一生涯、自分自身でお口の中の管理と全身の健康維持ができるように栄養指導を行っています。
 現代の生活では、精神的、肉体的にストレスを感じたり、不規則な生活に陥りやすいのですが、食事の面から考えて、自分自身でバランスを取りコントロールできるようになることで健康維持の一助となればと考えています。

コメントをどうぞ